World Sweets

甘いものを食べて幸せを感じたり、疲れが吹き飛んだ気がする理由

皆さんは甘いものを食べたとき、

 

「幸せだ!」

 

と、思ったりしませんか?

 

 

甘いものが苦手な方はそうではないと思いますが、

 

甘いものを少しでも食べる方は、きっとそう思うと思います。

 

 

しかし、知っての通り、甘いものの摂りすぎは身体に良くありません。

 

今回は

・甘いものを摂って幸せを感じる理由

・甘いものはなぜやめられないのか

 

をご説明したいと思います。

 

 

甘いものを食べて疲れが吹き飛ぶ理由①

m&m

 

仕事で疲れたときの栄養補給にチョコレートを一口二口食べると、

 

少しやる気が湧いてきたり、

 

もうひと踏ん張りできそうな気がしてきたりします。

 

それはなぜでしょう?

 

 

 

甘いものの摂取は一時的には有効

マカロン

 

甘いものの摂取は、実はとても効果の高い脳のメンテナンス法で、

 

砂糖は身体への吸収がとても速く、すぐに脳に届きます。

 

脳はブドウ糖が唯一の栄養源です。

 

 

疲れはいわば脳が引き起こしているので、脳は一時的に復活し、

 

疲れを忘れさせてくれたり、

 

ザワザワした気持ちを落ち着かせてくれるのです。

 

 

 

甘いものを継続して摂ることは良いの?

 

集中力が戻るからと、甘いものの継続的に摂取するようになると、

 

甘いものが止められなくなったり、

 

甘いもの無しでは、集中できなくなったりするので、

 

頻繁に甘いものを摂るのは、できれば止めておきましょう。

 

本当に一時しのぎにしておきましょう。

 

参照:甘いものの食べ過ぎの抑え方。甘いものを食べたいときはアレを食べよう

 

 

 

甘いものを食べて疲れが吹き飛ぶ理由②

テレワーク

 

甘いものは、食べると疲れを和らげるのと同時に、気分を落ち着かせてくれます。

 

また甘いものは、食べると喜びを感じ、やる気を起こさせてくれます。

 

どうしてなのでしょう?

 

 

 

セロトニンやドーパミンが分泌

 

甘いものを食べて疲れが取れたり、やる気を感じるのは、神経伝達物質の一種である

 

・セロトニン

・ドーパミン

 

が脳内に分泌されたからです。

 

 

 

これらはもちろん、危険な物質ではありません。

 

セロトニンやドーパミンといった神経伝達物質は、バランスよく分泌されることで、

 

ヒトの健康を保ち、精神を安定させています。

 

これらは健康になくてはならないものなのです。

 

 

食べ過ぎはやめること!

糖質

 

これら神経伝達物質が問題視されるのは、糖分の摂りすぎによる、分泌の過剰のためです。

 

甘いものの過剰な摂取によって、神経伝達物質の分泌のバランスが崩れます。

 

神経伝達物質はヒトに快楽を与える分、麻薬のような性質があるので、甘いものは止められなくなりやすいのです。

 

 

 

甘いものは適度に食べれば幸せ

honey

 

適度に甘いものの摂取し、

 

適切な食事、運動を心がけ、健康を維持しましょう。

 

健康を心がけることが、日常生活で幸せを感じられるようになる秘訣です。

関連情報

トルコ・中東のスイーツ専門店|World Sweets

World Sweets

トルコをはじめ、中東・中央アジア周辺のお菓子をメインに、世界中のスイーツを輸入販売しております。バクラヴァやロクムなど、日本ではまだ取り扱いが少ない海外の伝統菓子は、ご自宅用はもちろん、ギフトなどの贈答用としてもおすすめです。「家庭に現地の風を」を合言葉に、「味」と「感じる」をお届けいたします。是非一度ご賞味ください。

屋号 FAR EAST TRADING
住所 〒066-0066
北海道千歳市大和1-9-17プルミエール203
営業時間 12時~18時
定休日 土・日・祝
代表者名 伊藤
E-mail info@world-sweets.com

コメントは受け付けていません。

営業時間 / 12時~18時
定休日 / 土・日・祝