World Sweets

Pernigotti(ペルニゴッティ)のジャンドゥイオットは至福のチョコ?レビューしてみる

こんにちは、ごきげんよう!

今回はイタリアのチョコレート「Pernigotti(ペルニゴッティ)」のチョコレートをレビューしてみたいと思います。

 

 

Pernigotti(ペルニゴッティ)とは

またいつものようにカルディを一人、うろついていたその頃、

店内をぐるっと見渡すと、いつもより明らかに多いチョコレート数々に気づいた私は、

「もうはや、バレンタインである」と、2月頭にもなってようやく悟ったのであります。

 

今年のバレンタインデーは、誰かにチョコを渡すのか、という話はさておき、

こんなにも沢山揃った、かわいい船来品のチョコの数々を見ておきながら「なにも買わない」というのは、とても情けないと感じたので、

中でも一番興味を惹かれた商品を買うことにしました。

それがこちらのPernigotti(ペルニゴッティ)のプラリネアソート。

 

ペルニゴッティ

 

どうです、かっこいいでしょう。

大航海時代みたいでしょう。

 

私はこういう、オールドヨーロピアン的なデザインが大好きです。

一度、家中を100年以上前のヨーロッパの家具で揃えたいと思ったことがありますが、あまりにも莫大な費用がかかるのでやめました。

ですが今回のこの、「ペルニゴッティ」の缶缶が一つあるだけで、部屋がちょっと変化する。そうも思ったので買ってみた、というわけです。

お値段は約1500円。

このときはまだ、肝心のチョコの味については全く考えていませんでした。

 

 

ところで、このチョコレートはちょっと特殊です。

実はこのチョコレートはジャンドゥーヤチョコレート

 

いや、特殊でも何でも無いのですが、普通のミルクチョコとは違ってナッツペーストが入ったチョコレートであり、

ですので通常とは違った風味があります。

ちなみにこのチョコレートを作っている会社はイタリアのペルニゴッティ社。

ペルニゴッティ社は、1860年にピエモンテ州のノヴィリグレの街で設立されたチョコレートブランドで、専門はもっぱらジャンドゥーヤです。

 

 

ジャンドゥーヤとは

ところで、ジャンドゥーヤとはなにかを、もうちょっと詳しくご説明してみましょう。

ジャンドゥーヤとはヘーゼルナッツが入っているチョコレートのこと。

ヘーゼルナッツとチョコレートのコンビとして、特に有名なのは「ヌテラ」のスプレッドです。

ヌテラはイタリアの国民食と言っても過言じゃないくらい、極々普通に売っています

 

ジャンドゥーヤの起源としては、

ナポレオンの時代に、カカオが手に入りにくくなったことがあり、その代用としてヘーゼルナッツが使われ始めました。

当時、産業革命のさなかにあったイギリスと、ナポレオンが治めるフランスとイタリアは対立しており、

イギリスの経済を封じ込めようと、ナポレオンはイギリスとの貿易の一切を封鎖しました。

 

ヨーロッパ中は品不足となり、それはカカオも同様でした。

高騰するカカオ豆。

そんなカカオの代替として、イタリアでたくさん自生していたヘーゼルナッツをカカオに混ぜ、かさ増したのです。

それがジャンドゥーヤの始まりでした。

 

今では、カカオの代替だったジャンドゥーヤはイタリアきっての伝統菓子に。

ヘーゼルナッツチョコは日本人にとっても、とても馴染み深いものとなっています。

 

 

レビュー

それでは早速食べてみたいと思います。

 

ジャンドゥイオッティ

 

このペルニゴッティのチョコレートは3種類入っています。

ジャンドゥイオット、クレミーナ、ジェンマという名前がありますが、ともにジャンドゥーヤです。

 

ジャンドゥイオッティ

 

こちらが、すべての基本となるジャンドゥイオット

今ではいろんなメーカーがジャンドゥイオットを出しており、例外なくこの”山型”の形をしています。

それはなぜかと言うと、昔のイタリアの喜劇の登場人物である「ジャンドゥーヤさん」が、

三角帽子を被っていたかららしいです。

 

ちなみにジャンドゥーヤとジャンドゥイオットに違いはありません。

ジャンドゥーヤは、ヘーゼルナッツを使ったチョコレートをひとまとめにした言い方で、

一個のジャンドゥーヤチョコレートを小さく包装したものをジャンドゥイオットと呼ぶ、と考えておくとわかりやすいです。

 

ジャンドゥイオッティ

 

こちらがクレミーナ。

クリーム的な色合いのヘーゼルナッツチョコが真ん中に入っています。

 

ジャンドゥイオッティ

 

これがジェンマ。

 

 

それでは早速食べてみたいと思います。

これは・・・すごく美味しい!

私はダークチョコが一番好きで、ミルクなどは正直好んで食べなかったのですが、このジャンドゥーヤは全く別です。

イタリアの本気(?)を感じました。

 

考えてみると、イタリアのデザートはみんな、この味がするような気がします。

ジェラートにしても、ティラミスにしても、何にしても、

全部がこのヘーゼルナッツを使っているような気がします。

 

3種類の味の違いはと言うと、

クレミーナが一番ヘーゼルナッツの味が強く、ジャンドゥイオッティが中間、ジェンマが一番カカオ比率が高い、と思います。

ダークチョコが大好きな私が、この中で一番好きだったのは、なんとクレミーナ。

このヘーゼルナッツが、本当に心地よく、なんというか、軽くイタリアに行った気分にさせてくれる。

 

やはり食べ物は、オリジンの場所で作られたものが一番。

この味はイタリアにしか出せない味。そう感じました。

 

トルコのお菓子「ロクム」ってどんなお菓子?材料や味についてご紹介

「プレミアムバクラヴァ」サイズS

通常価格

1,050

(税込)
Yahoo!ショッピングで購入

※商品価格以外に別途送料がかかります。

商品紹介

トルコのお菓子、バクラヴァです。 この商品はworldsweetsが、バクラヴァの本場、トルコから独占輸入した商品になります。 ほとんどのバクラヴァの物凄い甘さですが、 この商品は甘さが少し控えめの、食べやすいタイプになっております。 軽くレンジでチンすればまさしく、トルコのカフェで出されるバクラヴァに。 日本ではまだ取り扱い…

「プレミアムバクラヴァ」サイズM

通常価格

2,300

(税込)
Yahoo!ショッピングで購入

※商品価格以外に別途送料がかかります。

商品紹介

トルコのお菓子、バクラヴァです。 この商品はworldsweetsが、バクラヴァの本場、トルコから独占輸入した商品になります。 ほとんどのバクラヴァの物凄い甘さですが、 この商品は甘さが少し控えめの、食べやすいタイプになっております。 軽くレンジでチンすればまさしく、トルコのカフェで出されるバクラヴァに。 日本ではまだ取り扱い…

「チョコレートデーツ」

通常価格

1,050

(税込)
購入はこちら

※商品価格以外に別途送料がかかります。

商品紹介

中東でおなじみののドライフルーツ「デーツ」を、チョコレートとオレンジで包んだお菓子です。 チョコレートは、世界中のパティシエ、ショコラティエに使用される、 スイスのバリーカレボー社製の、高品質なチョコレートを使用。 使用されるカカオ豆も最高品質のものを使用しております。   デーツはサウジアラビア産のものを使用…

「ローズ味ロクム」サイズM

通常価格

1,300

(税込)
購入はこちら

※商品価格以外に別途送料がかかります。

商品紹介

当商品はトルコのイスタンブールから直輸入した、Worldsweetsの独自商品になります。   ロクムは日本のお団子に似た食感と味のお菓子で、 当商品は日本では珍しい、バラ味のロクム。 香料には、バラから抽出した天然の香料を使用しています。   当商品は量も多く、大満足のMサイズ。 ぜひ一度お試しください。  

関連情報

トルコ・中東のスイーツ専門店|World Sweets

World Sweets

トルコをはじめ、中東・中央アジア周辺のお菓子をメインに、世界中のスイーツを輸入販売しております。バクラヴァやロクムなど、日本ではまだ取り扱いが少ない海外の伝統菓子は、ご自宅用はもちろん、ギフトなどの贈答用としてもおすすめです。「家庭に現地の風を」を合言葉に、「味」と「感じる」をお届けいたします。是非一度ご賞味ください。

屋号 FAR EAST TRADING
住所 〒066-0066
北海道千歳市大和1-9-17プルミエール203
営業時間 12時~18時
定休日 土・日・祝
代表者名 伊藤
E-mail info@world-sweets.com

コメントは受け付けていません。

営業時間 / 12時~18時
定休日 / 土・日・祝