World Sweets

絶対の味、もりもとの「ハスカップジュエリー」をレビューします

こんにちは、ごきげんよう!

今回は「もりもと」の製造する銘菓、ハスカップジュエリーのレビューをしてみたいと思います。

 

 

「もりもと」のハスカップジュエリーとは

北海道のお菓子屋さんと言えば、何を思い浮かべますか?

みんなが知ってる北海道のお菓子メーカーといえば「六花亭」「ロイズ」「ルタオ」ですが、

魅力的なお菓子屋さんが、北海道には沢山あります。

 

morimoto

 

その一つが「もりもと」。

もりもとは千歳市に本店を構える、1960年創業のお菓子屋さん。

地元では今も市民に親しまれています。

最近では千歳以外の街にも進出し、急速にその販路を広げているようです。

新千歳空港にも店舗があるので、北海道旅行に来たことのある方は、ひょっとしたら「もりもと」をご存知かもしれません。

 

 

そんな「もりもと」の代表的お菓子が、今回ご紹介する「ハスカップジュエリー」。

ハスカップジュエリーは、2枚のビスケットの間にハスカップのソースを挟み、その周りをチョコレートでコーティングしたお菓子で、

チョコの甘さと、ハスカップの酸っぱさが見事にマッチした至高の逸品であります。

 

その他のもりもとの代表的菓子に、

「ゆきむしスフレ」

「雪鶴」

など、

すばらしいお菓子達が沢山あるので、そのうちご紹介したいと思います。

 

 

ハスカップとは

そもそも「ハスカップって何?」

と思われた方も居るかも知れません。

 

haskap

 

ハスカップは北海道南部に自生しているシベリア原産の低木で、青い実をつけます。

この実こそが「ハスカップ」で、かつてアイヌの人たちにとっての貴重なビタミン源でした。

 

ビタミンC、ビタミンEポリフェノールなどのを豊富に含むほか、

目に良い栄養とされる「アントシアニン」をブルーベリーよりも多く含みます。

アントシアニンは抗酸化物質であり、ハスカップに含まれるアントシアニンは「シアニジン」と呼ばれ、

ビタミンEよりも、その効果は高いと言われています。

ハスカップは俗に、「不老長寿の果実」と呼ばれるそうですが、それは抗酸化作用の高さゆえなのでしょう。

 

 

私の実家の庭には、ハスカップの木がありました。

毎年夏になり、実をつけると、庭までボウルを持っていって収穫しに行くのですが、それが楽しい!

実を狙ってか、ハチもたくさんいるので気をつけなきゃなりませんが、

たくさん収穫したときの気持ちよさは最高です。

 

 

レビュー

それでは早速食べてみたいと思います。

 

ハスカップジュエリー

 

こちらがハスカップジュエリー。わたしが小さいころからありました。

これを食べる度、「これで私も不老不死だ」と思ったものです。

ただハスカップは不老長寿の実であり、不老不死の実では決してありません。

 

ハスカップジュエリー

 

こちらが中身。

ビスケットの周りにチョコレートがコーティングされているのがわかります。

 

ハスカップジュエリー

 

中身はハスカップのジャムがたくさん。

昔からこれを食べていた私ですが、包丁で切ってみると、実はこんなにたくさんジャムが入っていたとは知りませんでした。

 

 

今更レビューするまでもないのですが、実食してみると・・・うん、美味しい!

これこれ!って感じです。

私はこれを食べてから、酸っぱい物と甘い物のコンビネーションに目覚めました。

パンを食べるときはヌテラのスプレッドと、ブルーベリーのジャムを一緒に塗ってみたりして。

ですがスーパーに売っているジャムは甘いので、なるべく自然派のジャムじゃなければなりません。

 

かじって、まず感じるのが、ビスケットの食感。

この程よいビスケットの柔らかさ、小麦の香りが良いですね。

これは六花亭のマルセイバターサンドに通じるものがあります。

 

そしてハスカップジャム。

このジャムは甘さを抑えて、酸っぱさを前面に出していますが、これが最高。

この酸味を感じてから、チョコレートの甘さがやってくる、この流れが最高。

最後は口の中でビスケット、ジャム、チョコレートが混然一体となって踊ります。

 

 

 

六花亭のマルセイバターサンドは北海道を代表する銘菓として君臨していますが、わたしはこの、もりもとの「ハスカップジュエリー」も推したい。

このハスカップジュエリーはお菓子として、とても完成度が高く、大人も子供も喜ぶこと間違いなしの、完璧なお菓子なのです。

 

バクラヴァを通販で買う時に気を付ける点について

関連情報

トルコ・中東のスイーツ専門店|World Sweets

World Sweets

トルコをはじめ、中東・中央アジア周辺のお菓子をメインに、世界中のスイーツを輸入販売しております。バクラヴァやロクムなど、日本ではまだ取り扱いが少ない海外の伝統菓子は、ご自宅用はもちろん、ギフトなどの贈答用としてもおすすめです。「家庭に現地の風を」を合言葉に、「味」と「感じる」をお届けいたします。是非一度ご賞味ください。

屋号 FAR EAST TRADING
住所 〒066-0066
北海道千歳市大和1-9-17プルミエール203
営業時間 12時~18時
定休日 土・日・祝
代表者名 伊藤
E-mail info@world-sweets.com

コメントは受け付けていません。

営業時間 / 12時~18時
定休日 / 土・日・祝