World Sweets

アリョンカビスケット(ココア)(ロシア製)を食べてみた

こんばんは、ごきげんよう!

今回は業務スーパーで絶賛発売中、ロシアの「アリョンカビスケット(ココア)」についてレビューしてみたいと思います。

 

アリョンカとは

アリョンカ

 

業務スーパーをウロウロしていて見つけたのが、この「アリョンカビスケット(ココア)」

家に帰ってから私は、なぜこれを買ってしまったのかと反省しました。

だって見るからに怖いし。パッケージの見た目的にも正直美味しく無さそうだし。

 

「なぜ買ってしまったのか」

そう反芻していると、買ってしまった理由として思いつくのは、そのあまりの安さ。そのお値段なんと98円。

あまりにもコスパが良いと、多少怖くても不味くても「安いから元は取れる」と考えてしまうのは私の悪いクセです。

値段がいくら安くても、不味くて食べられないのではお金を捨ててしまうのと変わりないのに。

 

 

パッケージを見て直ぐにわかるのはロシア語しか書かれていないということ。当然のことながら、何が書かれているのかさっぱりわかりません。

その中でもなんとなく理解できるのは「B1とかB2」。

これはおそらくビタミンのことを言っているのでしょうか。それらの栄養成分が豊富であることを暗に示しています。

他の文に関してはもはやサッパリわからず、スマホの翻訳機能を使わないとわかりません。

 

そして一番気になるのは、若干不気味な赤ん坊の絵。うん、この子は一体?

我々にとってはこの赤ん坊が、どこの誰なのか解らないばかりか、メーカーさんは親切にも、ただでさえ怖いこの赤ん坊をどの面からも拝めるよう、縦バージョン横バージョンとに分けて描いてくれています。

 

アリョンカ
縦にも横にも描かれた赤ん坊の絵

 

このお菓子はきっと日本で言う「ビスコ」のような立ち位置で、子供のおやつにも最適・・という意味なのか?とか、このパッケージのあまりの謎さのゆえに、色々考え過ぎてしまいます。

 

人は不可解なものを恐れます。不可解ゆえに中身が怖い。

日本人が今まで食べたことも見たこともない物が、中からニョキッと出てくるのでは?

 

 

メーカーについて調べてみた

色々と謎が深まる、この「アリョンカ」を作っているメーカーについて調べてみました。

 

調べたところによるとメーカー名はレッドオクトーバー(Красный Октябрь)。

ロシアでは結構古く(1849年)、ロシア国内の国民的認知度が最も高いお菓子メーカーのようで、ロシア国外においてもその認知度は高く、ロシア土産として購入されることも多いとのこと。

「レッドオクトーバー」といえば故ショーンコネリー主演の、あの潜水艦の映画しか思い浮かびませんが、なんとロシアには同名のメーカーが存在したのです。

 

少しだけロシア語の勉強をしました。

Красный(読みクラスニー)の意味は「赤」、Октябрь(読みオクチャバー、たぶん)の意味は10月で、直訳すると「赤い10月」。

レッド・オクトーバー(red october)も直訳で赤い10月だから当たり前と言えば当たり前ですね。

 

ロシアにおいて10月といえば、人類史上最大規模の革命である「十月革命」が達成された月で、その時ロシア帝国から政権を奪取したのはソビエトであり、ソビエトの軍隊が「赤軍」と呼ばれていました。

メーカーの名前の由来の本当のところはわかりませんが、きっとレッド・オクトーバーとは、この十月革命から取られたのだと想像してしまうのいは当然でしょう。

しかし軍隊の名前を、国民が一番手に取るであろうお菓子に付けるとは、やはりロシアという国は印象操作がうまいのでしょう。

 

ところがさらに調べてみると「october」はラテン語で「8」を意味し、ラテンにおいて「8」から連想されるのはタコであり、タコは悪魔の化身であると見なされていることから、

レッド・オクトーバーの意味を「赤い悪魔」と取ることもできるのだそうです。

 

ますます謎が深まるレッド・オクトーバー。

謎が深まるたびに、ますますこのお菓子が美味しく無さそうに思えてきます。

 

 

そしてこの一番の謎であるこの赤ん坊は、名前を「アリョンカ」と言うらしく、

このお菓子が誕生した1965年頃に、とある宇宙飛行士の娘をモデルにしたと言われているようですが、宇宙飛行士本人はそのことを否定しており、この赤ん坊の本当の由来はわからないということです。

この「アリョンカ」はシリーズ化しており、ビスケットだけでなく、他にもチョコレート、キャラメル、クッキーなどがあり、ロシア国民に広く親しまれているそうです。

 

 

実食

それではさっそく、実食してみたいと思います。

袋を見ると量も多くて、コスパが良いことが改めてわかります。問題はこのパッケージの怖さと味のみです。

 

ビスケット

 

見た目は普通のビスケットですが、食べてみるまで油断はできません。

でも意外に香りが良い。これはひょっとすると?

 

 

 

 

いざ食べてみると、なんと美味い!

小麦の香りが濃いというか味がしっかりしていて、歯ごたえもザクザクして食べごたえがある。

ビスケットとして非常に完成されています。

各種ビタミンが豊富に入っているかどうかはこの時点ではわかりませんが、小麦の味が濃いので、小麦の栄養がたくさん入っているのかも?と思ったりもします。

うん、美味しい。

これはハマってしまいそう。しかもこの安さだから、たくさん買っておくのもアリ。

 

 

 

なぜ私が、こんなに「美味しい」と感じてしまったのかを考えてみましたが、

美味しく無さそうという決めつけからの「明けてビックリ美味しい」という、その落差により生まれる好感なのでしょうか。

逆に言えば、このパッケージがなければここまで美味しいと感じることも無かった・・。

いやいや、これは純粋にビスケットの質の高さの勝利です。

この「アリョンカ」の、「ビスケット」としての非常に高い完成度と美味しさによって、今日までロシア国民に愛されてきたのでしょう。

この「アリョンカ」、売り切れてしまうことも多々あるそうなので、気になる方は早めに買っておいたほうが良いですよ!

「プレミアムバクラヴァ」サイズS

通常価格

1,050

(税込)
Yahoo!ショッピングで購入

※商品価格以外に別途送料がかかります。

商品紹介

トルコのお菓子、バクラヴァです。 この商品はworldsweetsが、バクラヴァの本場、トルコから独占輸入した商品になります。 ほとんどのバクラヴァの物凄い甘さですが、 この商品は甘さが少し控えめの、食べやすいタイプになっております。 軽くレンジでチンすればまさしく、トルコのカフェで出されるバクラヴァに。 日本ではまだ取り扱い…

「プレミアムバクラヴァ」サイズM

通常価格

2,300

(税込)
Yahoo!ショッピングで購入

※商品価格以外に別途送料がかかります。

商品紹介

トルコのお菓子、バクラヴァです。 この商品はworldsweetsが、バクラヴァの本場、トルコから独占輸入した商品になります。 ほとんどのバクラヴァの物凄い甘さですが、 この商品は甘さが少し控えめの、食べやすいタイプになっております。 軽くレンジでチンすればまさしく、トルコのカフェで出されるバクラヴァに。 日本ではまだ取り扱い…

「チョコレートデーツ」

通常価格

1,050

(税込)
購入はこちら

※商品価格以外に別途送料がかかります。

商品紹介

中東でおなじみののドライフルーツ「デーツ」を、チョコレートとオレンジで包んだお菓子です。 チョコレートは、世界中のパティシエ、ショコラティエに使用される、 スイスのバリーカレボー社製の、高品質なチョコレートを使用。 使用されるカカオ豆も最高品質のものを使用しております。   デーツはサウジアラビア産のものを使用…

「ローズ味ロクム」サイズM

通常価格

1,300

(税込)
購入はこちら

※商品価格以外に別途送料がかかります。

商品紹介

当商品はトルコのイスタンブールから直輸入した、Worldsweetsの独自商品になります。   ロクムは日本のお団子に似た食感と味のお菓子で、 当商品は日本では珍しい、バラ味のロクム。 香料には、バラから抽出した天然の香料を使用しています。   当商品は量も多く、大満足のMサイズ。 ぜひ一度お試しください。  

関連情報

トルコ・中東のスイーツ専門店|World Sweets

World Sweets

トルコをはじめ、中東・中央アジア周辺のお菓子をメインに、世界中のスイーツを輸入販売しております。バクラヴァやロクムなど、日本ではまだ取り扱いが少ない海外の伝統菓子は、ご自宅用はもちろん、ギフトなどの贈答用としてもおすすめです。「家庭に現地の風を」を合言葉に、「味」と「感じる」をお届けいたします。是非一度ご賞味ください。

屋号 FAR EAST TRADING
住所 〒066-0066
北海道千歳市大和1-9-17プルミエール203
営業時間 12時~18時
定休日 土・日・祝
代表者名 伊藤
E-mail info@world-sweets.com

コメントは受け付けていません。

営業時間 / 12時~18時
定休日 / 土・日・祝